一流の鍼灸師になるための勉強会の見つけ方

鍼灸師

鍼灸施術

志鍼塾 塾長の石丸です。

今回はWEBセミナーの事前質問回で、4月から学校に通う学生から「TOP2%の鍼灸師になるための勉強会を見つけるにはどうしたらいいですか」という質問をいただきました。

鍼灸師を目指す学生には厳しい現実ですが、鍼灸の学校に行っても鍼灸のみで働いていける人は2%しかいません。この2%の鍼灸師になることが重要です。

自分の興味のある勉強会に行くのが正解で、とりえあえず行ってみないことには合うのかどうかが分らないので、迷っているなら、質問してください。一緒に探しましょう。

※設定で”画質/音量”を調整できます。

志鍼塾の詳細はこちら

現役鍼灸師のオススメは東洋医学!

東洋医学や現代医学の鍼灸等のいろいろな勉強会に行きました。結果、東洋医学研究所LLCの代表である石丸は鍼灸業界で勢いがあると思いますし、引っ張っていこうと思っています。

オススメの勉強会は東洋医学です。東洋医学の治療法の一つである鍼灸は、鍼ともぐさという道具を用いて治療するという長年の実績が積み重なっています。

西洋医学だけでは治せない症状が多い

現在は明治維新以降、文化だけでなく医学も西洋化の流れで、大きな鍼灸の勉強会も西洋医学の科学的根拠を取り入れています。

西洋医学だけでは治せない部分も多くあり、日本整形外科学会も8割の患者の症状と画像が合わないという事例やアメリカでも20年前から起きています。

部分治療の西洋医学と全身治療の東洋医学

腰痛の患者を例にすると、治療法は、鍼をツボに刺すことや筋肉の深さまで鍼を刺して血行を改善すること等があります。外的刺激を行うことで、過緊張状態に陥った自律神経の働きを和らげることもできます。

腰痛以外にも偏頭痛や鼻が悪い、眠りも浅い、慢性扁桃炎、胃の調子も悪い、便秘・下痢の繰り返しで過敏性腸症候群、眼精疲労等の多くの症状を抱えている患者の多くは腰痛以外の症状が鍼灸で治る可能性が低いと思っています。

西洋医学の鍼灸の場合、腰が痛いと腰に刺し、頭が痛いと頭の上にある百会というツボに刺し、部分的な治療に留まり、1つの症状が改善しても、一時的で完治はしません。

東洋医学だと腰痛以外の全ての症状も治すことができます。一人の体で症状が起きているので、全ての症状を治すように治療を行うためです。

東洋医学のTOPを目指す方法

東洋医学系の勉強会に参加することは将来的にも意義があります。

ほとんどの治療院が西洋医学系や自律神経系、運動器系に溢れています。鍼灸師の資格を取っても鍼灸をしない人が多いです。西洋医学系の鍼灸師は数も多くライバルだらけですが、少数の東洋医学系ならばTOPを目指すのも難しくはありません。

志鍼塾の二流鍼灸師を育成する方法

鍼灸師自身が古典の解読や分析に一生を捧げる方もいます。客観的な視点を持ち効率を重視し、諸先輩方の教えを引き継ぎ、体系的にまとめた結果、東洋はり灸整骨院は成長を続け、鍼灸業界も発展しています。

志鍼塾のメリットとしては、正しく治療できる二流鍼灸師を育てます。

参加した勉強会はいずれも上級者を対象としていました。

古典の方法と東洋医学の理論に則って、理論・理屈・技術ができた状態で患者に治療するのが上級者です。勉強会に参加して視野が狭い状態で一つのことに打ち込むのではなく、視野を広くもって初級者から正しく治せる二流鍼灸師の理論と技術を体得し、中級者、上級者へ昇るのが最適解です。世の中の治療院の頂点になることも夢ではありません。

知り合いの副会長を務める先生と比べても、腕は互角であると胸を張って言えます。

所属している会に膨大に蓄積されたノウハウを吸収し、「一人だけ突出していても成り立たない」という会長の遺志も継ぎ、志鍼塾やYouTubeを通じて多くの方に伝えています。

おわりに

今回は「TOP2%の鍼灸師になるための勉強会の探し方」についてお話ししました。

自分が興味を持って進みたい方向性と合致した勉強会を探すと未来が開けます。古典に興味がある人は東洋医学の原文を解読する勉強会もありますので、参考にしてください。月謝や入会金が高いところを避けながら、安い勉強会を探すといいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

志鍼塾

志鍼塾について詳しく知りたい方は次のページをご覧ください。

何をどのように学べるのか、価格や入塾方法についても記載しています。

鍼灸師の地位向上と東洋医学の普及を目指し、仲間と共に成長していきましょう。

志鍼塾の詳細はこちら

関連記事